今日の人気記事TOP5!!

まだデータがありません。

今週の人気記事TOP5!!

今月の人気記事TOP5!!

今日の人気イラストTOP5!!

今日の人気漫画TOP5!!

[FGO] 「ジャンヌダルク・オルタをモチーフにしたコインケース」が凄すぎると話題に!!

FGO, Twitter, ニュース, 写真, 邪ンヌ

ジャンヌダルク・オルタをモチーフにしたコインケース。ご要望があったので、簡単に作成記事的にまとめておきます。スレッドに繋げます。

#KuronekoWorks pic.twitter.com/SohmfoRxwE

まず革の裁断に使う革包丁。曲線の角度や川の厚み・性質によって使い分けます。小刀は廻し切りという技法に使うため、諸刃気味に微妙な角度を付けて研ぎ出ししています。ダマスカス(積層鋼)素材のため、刃先にしなりが出て微細な曲線の裁断が可能となります。
#KuronekoWorks pic.twitter.com/drk5XpMERL
まずは型紙を作成して、微調整を重ねて完成形のものにします。それを革にけがいて、それを目安に裁断していきます。
#KuronekoWorks pic.twitter.com/zyW9DFH3OH
こんな感じです。写真撮るために包丁に手が添えられていません。刃の根元に小指をかけて、抱え込むように握ります。画像はメジェドミニがま口。

#KuronekoWorks pic.twitter.com/ZhUMGsdShh

えげつない切り抜き。こちらは水着ジャンヌオルタをモチーフ。切り過ぎたらやり直しはききません。全て無駄になります。

#KuronekoWorks pic.twitter.com/8HJBh03f5M

ヒシメ(縫い穴)を空けていきます。型紙にあらかじめ印を付けておく場合もあります。この間隔によって、縫い上がりの糸目が変わってきて、様々な雰囲気が出てきます。曲線と直線はきちんと空けていかないと、ガタガタの糸目に。慣れです。

#KuronekoWorks pic.twitter.com/5EdYTarJ34

こんな感じです。次に、外周にヒシメを空けていって、内側のケース部分と縫い合わせします。ケース部分にもヒシメを空けるのですが、幅が8ミリ程なのでかなり神経を使います。

#KuronekoWorks pic.twitter.com/E9ObjH81hO

コバ(革の断面)を処理して完成。ここの処理も何度も#1000から#1200のやすりがけをしつつ、ふのりと染料で仕上げたりしています。Wジャンヌ。デザイン起こしから完成まで、めちゃくちゃ早くて二週間〜長いものだと2年といったものまであります。

#KuronekoWorks pic.twitter.com/l2sdUg31NG

オシャレやな
こんなんオーダーとか高そう
これはジャンヌ知らなくてもめっちゃカッコいいのでは。超欲しい…。