掲示板ページを作成しました!

↓ こちらをクリック ↓

今日の人気記事TOP5!

最新記事!!

今日の人気イラストTOP5!

今日の人気漫画TOP5!

[FGO] ナイチンゲールの生涯についてまとめたツイートが話題に! ← バーサーカーなのも納得…

FGO, Twitter, クリスマスキャロル, ナイチンゲール, 史実

ナイチンゲールが看護師として活動出来たのはクリミア戦争時(1854~1856)の2年半だけで、この時に感染したクリミア熱(ブルセラ症)により、その後50年以上の殆どをベッドの上で過ごす事になる。
そんな状態で看護師の教育・地位向上の礎を築き、戦時医療・衛生環境の改善などの活動を生涯続けたと。 pic.twitter.com/2NEBY9VAIq
1855年(35歳頃)に発症し、以降何度も再発した慢性疲労症候群は過酷なもので、2週間生死の境をさ迷ったり、半年間寝たきりになったり、まる2日間身動きすら出来ないほどの激痛に襲われたりと過酷なものだったという。
1901年に完全に失明し、1910年8月13日に永眠する(享年90) pic.twitter.com/8dam4Tx48K
ナイチンゲールと慢性疲労症候群(クリミア熱・ブルセラ症)についてはこのリポジトリが分かりやすくまとめてあると思う
jrckicn.repo.nii.ac.jp/?action=reposi…
ナイチンゲールの生涯についてはその脚注にある参考文献を読むのが1番良いかと。
まるで生き地獄みたいな状態だったのに・・それでも50年以上もの間看護に貢献した・・本当に素晴らしい偉人です・・
ナイチンゲールの生涯を見てるとエミヤの元ネタになった人と言われても信じるくらいの信念を感じる
『優しい人は痛みを知る人のみなれる』
といった言葉を誰かに聞いた事がありますがこの50年もまた彼女にとって苦痛で耐え難い日々だったのかもしれません。
『その苦しみを味わって欲しくない』と思えば菌やウィルスに対する彼女の考え方もより合点しますね。
今日ちらっと授業で婦長の話聞いたけど
実際はこんなすごい人生だったなんて…(語彙力消失)
なるほど。だからバーサーカーなのか。。。
そうなのか
史実知らなかった
それを知ってから読み直すと、あの文章の持つ重みが全然違う…
英霊としてのナイチンゲール、人々のイメージは間違いなく看護師だけど、実際の功績の殆どは病床で書いた手紙や資料で国と予算を動かした貴族の政治家じみた手腕から来てることは知られるべきでは

看護医療にその全てを捧げたナイチンゲールが、業突く張りのスクルージの配役に収まるのは面白い

精霊役三人が見せた一夜の幻が、
欲深いサンタ鯖枠争奪戦と無邪気にプレゼントを欲する子供たちって割と真逆の構図よね

ナイチンゲールの生涯をよく知らなかったのもあって、FGOをやる前は偉大な看護師くらいのイメージしかなかった

想像以上に苛烈な人生だったんだな
そんな人だからこそ変革を起こたし、英雄として語り継がれるんだ

ナイチンゲールの看護覚え書に「病室は閉め切らずに換気を行い新鮮な空気を常に取り込みましょう」みたいな項目があって、初めて読んだ時は「換気は当たり前やん!」って思ったけど、当時は当たり前じゃなく、ナイチンゲールのおかげで当たり前になったことだと気づいたことがめっちゃ印象に残っている