最新人気記事TOP5!

[FGO] トダ先生のアビーちゃん作品でSAN値がピンチ

FGO, アビゲイル, イラスト

最新記事!!

その子はその後も度々夢に出てきて
「今日はいつもの大通りを通らないこと」
「〇〇時発の電車には乗らないこと」
色んな忠告をしてきた
そして何年かたったころ、こう言った

「今日、献血をしに行こうと友達に誘われるから
一緒にいきなさい」

それで俺はカルデアに来た

「竜の魔女の炎が来たら右に避けなさい」
「狂戦士に気をつけなさい 私がいればすぐ済むのに」

もしかして、この子は恐ろしいサーヴァントなんじゃないかと思い
ダヴィンチちゃん達に相談しようと思った夜、彼女はまた来てこう言った
「だめだめ、だめよ
言ったらあの盾の女の子も食べてしまうから」

バビロニアで戦闘が続く頃
「黒い水の女は右にいる方を倒しなさい」
いつものような忠告
「でも、汚れる前に食べてしまおうかしら?」

すると辺りに花が一斉に咲きだした
「夢魔が!おのれ!」
彼女が去った後
白い光の中に誰かが見えた
嬉しそうな、悲しそうな、不思議な顔をして、どこかに消えた

人理修復を終えた後
怖くて怖くて話してしまった
「カルデア総力を挙げて君を守ろう!」
「すぐに該当サーヴァントを調べます」
皆を危険に晒したのに、誰1人責めず力を貸してくれた
ただ、なんだか熱っぽい
今日は早く休もう

その晩夢で少女は泣いていた
「もう助けられない 運命は元どおりになる」

「緊急治療!この熱は非常に危険な状態です!はやく!!」
「酷い嘔吐と痙攣だ!すぐに〇〇を投与!」
「先輩!先輩!」

しかし、治療のかいなく目は覚めなかった
「…〇〇という病気だろう
彼が以前命を落としかけ奇跡的に回復したという」
「今になって何故…彼の話と関係があるだろうが」

「…誰にも話さなければそのまま生きられた」
「でも本当の理由は話せない、そういう決まりだったの だから怖がらせて言わないようにしようと…」
「どこかの未来で優しくしてもらったから…だから助けたかったの」
「罵られても恐れられても助けたかったのに…」
少女は誰もいない宇宙で、ただ泣いた
どこかのカルデア
「ゴホッゴホッ」
「まあマスター!?どうかなさったの?」
「ありがとうアビー 風邪ひいたみたいなんだ」
「ベッドにいかなきゃダメ ナイチンゲールさんをお呼びするわ」
「大したことないよ」
「だめ ようく休まなきゃマスター
…どこかの私がそう言っている気がするの」
終わり